ファブリチウス

百科事典マイペディアの解説

ファブリチウス

ドイツの神学者,天文学者。1596年くじら座に変光星を発見してミラと命名。ティコ・ブラーエ,ケプラーらの友人。
→関連項目ファブリチウス

ファブリチウス

ドイツの天文学者。D.ファブリチウスの子。1610年ガリレイと独立に太陽黒点を発見,1611年それが移動することを含めて報告した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ファブリチウス【David Fabricius】

1564‐1617
ドイツの牧師,天文学者。オストフリースラント生れ。同じ天文学者で太陽黒点を観測,発表したヨハンネス・ファブリチウス(1587‐1615ころ)は息子。プロテスタントの牧師として,レスターハーベからオストエールに勤務するかたわら天体観測を行い,1596年から観測しつづけたくじら座の星が周期的に変光することを発見。星の分類で著名なJ.ヘベリウスのこの星についての観測記録《Historiola Mirae Stellae》にちなんで,今日ではMiraと呼ばれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のファブリチウスの言及

【ミラ】より

…この星は,約331日ほどの周期で3等程度から9等程度に変光している(周期,光度ともその振幅に変動がある)長周期変光星である。この変光は,1596年,ドイツのD.ファブリチウスによって発見された。半径の20%ほどが変光に伴って脈動している。…

※「ファブリチウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android