コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィセリング Simon Vissering

世界大百科事典 第2版の解説

フィセリング【Simon Vissering】

1818‐88
オランダの経済学者。1863年オランダのライデン西周津田真道に,治国学の基本として自然法,国際法,国法,経済学および統計学を教授したことで知られている。その講義は後に翻訳され,西周《万国公法》(1868),神田孝平性法略》(1871),津田真道《泰西国法論》(1868)および,同《表記提綱》(1874)として公刊され,揺籃期の日本の法学・政治学に影響を及ぼした。フィセリングはアムステルダムに生まれ,同地およびライデンの大学に学ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

フィセリングの関連キーワード西周(にしあまね)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android