コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィラレート フィラレート Filaret

2件 の用語解説(フィラレートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィラレート
フィラレート
Filaret

[生]1554/1555
[没]1633.10.22. モスクワ
ロシアのモスクワ総主教。俗名 Fëdor Nikitich Romanov。ロマノフ朝初代ツァーリとなったミハイル・ロマノフの父。軍人,外交官として台頭。ボリス・ゴドゥノフと帝位を争って敗れ,修道士となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フィラレート【Filaret】

1555ころ‐1633
ロシアの政治家,聖職者。リューリク朝最後の皇帝フョードル1世の従弟にあたり,ミハイル・ロマノフ帝の父。俗名フョードル・ロマノフFyodor Nikitich Romanov。ボリス・ゴドゥノフ帝に強制されて出家した。動乱時代の1611‐19年,ポーランドに抑留されたが,帰国後正式にモスクワ総主教となり,〈大君〉の称号を得て政務を独裁。税制改革,軍備充実に努め,失地回復のためポーランドと戦争を始めたが,その間に死去した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフィラレートの言及

【ミハイル・ロマノフ】より

…一方,重税と農奴制の強化による内政の再建に着手し,シベリアの開発を推進した。しかしミハイルは生来病弱で,意志も弱く,統治能力を欠き,父フィラレート(フョードル1世のいとこ)が抑留地ポーランドから帰国した1619年以降33年まで,政治の実権は父の手に握られた。32年ポーランドに挑んだ戦いは,もろくも失敗に終わったが,これもフィラレートの意志によるものであった。…

【モスクワ・ロシア】より

…しかし教会の権威は高く,君主もその支持を必要としたので,イワン4世なども教会会議(1551‐80)から自粛決議や一部所領と特権の自発的放棄以上のものは引き出せなかった。スムータ後も総主教フィラレートの時代には教会の力が強かったが,〈会議法典〉は聖界の新たな土地取得を禁じ,聖職者の法的特権を制限し,政府による修道院領管理への道が開かれた。イワン3世以来の政府の修道院領に対する関心の背後には,ポメスチエとして士族に与えるべき土地の必要ということもあった。…

※「フィラレート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フィラレートの関連キーワードフェロシアン化カリウムリューリクリューリク朝ロマノフ朝マリクシャーミリューコフロシア一○○○年記念碑ロシアの恋人アスコリドとジールイーゴリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィラレートの関連情報