コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリピン海溝 フィリピンかいこうPhilippine Trench

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリピン海溝
フィリピンかいこう
Philippine Trench

ミンダナオ海溝ともいう。フィリピン諸島の東縁に連なる海溝。サマル島沖からミンダナオ島を経て,ハルマヘラ島まで 1400kmにわたり,平均 7000~8000mの水深。特にレイテ島東のケープジョンソン海淵 (水深1万 497m) ,ミンダナオ島東のエムデン海淵 (水深1万 400m) が有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フィリピン海溝【フィリピンかいこう】

フィリピン諸島東方の海溝。サマル島北東からインドネシアのハルマヘラ島北方に連なる。ミンダナオ島北東方にエムデン海淵,レイテ島東方にケープ・ジョンソン海淵(1945年発見),ガラテア海淵(1952年)など,いずれも水深1万m以上の海淵が知られる。
→関連項目フィリピン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィリピンかいこう【フィリピン海溝 Philippine Trench】

フィリピン諸島の東側を北北西~南南東に走る海溝。フィリピン海南西部の水深が6000mをこえるのに伴って,海溝底の水深も深く,全長1400kmのうち8500m以深の部分が800kmにおよぶ。ミンダナオ島東方は特に深く,最深部の水深は1万0057mある。海溝沿いの地震活動はかなり活発だが,深発地震面はそれほど深くまでは達していない。海溝軸に沿い,-200mGalの重力フリーエア異常の負の帯がある。海溝北部はフィリピン海南西部の高まりであるベンナム海膨が衝突しているため,ルソン島南東方でとぎれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フィリピンかいこう【フィリピン海溝】

西太平洋、フィリピン諸島の東側に沿う海溝。最深部はケープジョンソン海淵で10497メートルに達する。ミンダナオ海溝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィリピン海溝
ふぃりぴんかいこう

フィリピン諸島南部の東側沖合いにある海溝。幅は約60キロメートル、長さ約1400キロメートル。最深点1万0057メートルのエムデン海淵(かいえん)と、最深点1万0497メートルのケープ・ジョンソン海淵の二つを含む大海溝である。フィリピンプレートが東南アジアプレートの下に潜り込むときにできたと考えられる。[安井 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フィリピン海溝の関連キーワードヘス(Harry Hammond Hess)エムデン海淵・エムデン海渕フィリピン海プレートアイソスタシー東南アジアガラテア号安井

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android