コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィービガー

百科事典マイペディアの解説

フィービガー

デンマークの病理学者ベルリンコッホに学ぶ。のちコペンハーゲン大学教授。ある種の線虫ネズミに長い間食べさせると,胃癌になることを発見し,初めて癌の人工発生に成功。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィービガー【Johannes Andreas Grib Fibiger】

1867‐1928
デンマークの病理学者。1900年コペンハーゲン大学教授。ネズミの結核を研究中に胃癌をもつ3匹を発見,その癌組織の中に寄生性のセンチュウ(線虫)Spiropteria neoplastica(現在はGongylonema neoplasticum)がいることを見つけた。感染経路を調べたところ,西インド諸島産の輸入砂糖に混入していたゴキブリの1種に幼虫が寄生,そのゴキブリを食べたネズミの胃の中で成長し,癌化作用をもつなんらかの物質を出したものと推論した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android