フィービガー

百科事典マイペディア「フィービガー」の解説

フィービガー

デンマーク病理学者ベルリンコッホに学ぶ。のちコペンハーゲン大学教授。ある種の線虫ネズミに長い間食べさせると,胃癌になることを発見し,初めての人工発生に成功。しかし後年,この仕事に異論をはさむ人もいる。1926年ノーベル生理医学賞。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「フィービガー」の解説

フィービガー【Johannes Andreas Grib Fibiger】

1867‐1928
デンマークの病理学者。1900年コペンハーゲン大学教授。ネズミの結核を研究中に胃癌をもつ3匹を発見,その癌組織の中に寄生性のセンチュウ(線虫)Spiropteria neoplastica(現在はGongylonema neoplasticum)がいることを見つけた。感染経路を調べたところ,西インド諸島産の輸入砂糖に混入していたゴキブリの1種に幼虫が寄生,そのゴキブリを食べたネズミの胃の中で成長し,癌化作用をもつなんらかの物質を出したものと推論した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android