コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェザン フェザン Fezzan

2件 の用語解説(フェザンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フェザン(Fezzan)

リビア南西内陸部の地域名。サハラ砂漠の一部でオアシスが点在する。主な都市はムルズクセブハであり、古くからサハラ交易で栄えた。アラブ人のほか、遊牧民トゥアレグ族が居住する。フェザーン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェザン
ふぇざん
Fezzan

北アフリカ、リビア南西内陸部の地域。狭義にはセブハ・オアシスを中心とするオアシス群の呼称で、広義には1951年の独立後連邦制をとったとき、トリポリタニアキレナイカとともに3州の一つであったフェザン州をさす。フェザン州の範囲は約900キロメートル四方で日本の2倍の広さがある。サハラ砂漠の一部で岩石砂漠の台地と砂砂漠の低地からなり、ワジ(涸(か)れ谷)が走る。降水量はきわめて少なく、夏の日中は40℃を超える高温となる。住民の大部分はアラブ人であるが遊牧民のトゥアレグ人もいる。生業はオアシス農業と遊牧である。ブラック、セブハ、ムルズクをそれぞれ含む東西方向の3列のオアシス群が中心にあり、古代から地中海とスーダン地帯を結ぶ重要な中継点として栄えた。第二次世界大戦後、石油開発の進展につれ海岸部へ人口が流出する一方、石油収入により農牧業の近代化や遊牧民の定着化も図られている。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェザンの関連キーワードキレナイカサハラ砂漠サヘルリビアリビア砂漠タドラットアカクスタウデニサハラ砂漠の秘密砂漠の秘密都市サブサハラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェザンの関連情報