フェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯(読み)フェッラーラ ルネサンスきのしがいとポーがわデルタちたい

世界遺産詳解の解説

1995年に登録、1999年に登録内容が変更された世界遺産(文化遺産)で、イタリア北部エミリア・ロマーニャ州フェッラーラ県に位置する。14世紀前半に芸術家を保護したエステ家が町を整備し、15~16世紀のルネサンス期には画家のティツィアーノなど多くの芸術家を輩出した。4つの塔を持つエステ城、ロマネスク様式の大聖堂、14世紀に建造されたスキファノイア宮、エステ家によって13世紀に建てられたムニチパーレ宮殿、外壁を覆う1万2000個以上の白大理石をダイヤモンドに見立てたことから名がついたディアマンティ館など、ルネサンス期の建造物が数多く残る。◇英名はFerrara, City of the Renaissance, and its Po Delta

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android