コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯 フェッラーラ ルネサンスきのしがいとポーがわデルタちたい

世界遺産詳解の解説

フェッラーラ ルネサンスきのしがいとポーがわデルタちたい【フェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯】

1995年に登録、1999年に登録内容が変更された世界遺産(文化遺産)で、イタリア北部エミリア・ロマーニャ州フェッラーラ県に位置する。14世紀前半に芸術家を保護したエステ家が町を整備し、15~16世紀のルネサンス期には画家のティツィアーノなど多くの芸術家を輩出した。4つの塔を持つエステ城、ロマネスク様式の大聖堂、14世紀に建造されたスキファノイア宮、エステ家によって13世紀に建てられたムニチパーレ宮殿、外壁を覆う1万2000個以上の白大理石をダイヤモンドに見立てたことから名がついたディアマンティ館など、ルネサンス期の建造物が数多く残る。◇英名はFerrara, City of the Renaissance, and its Po Delta

出典|講談社世界遺産詳解について | 情報

フェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門黒人問題コソボ黒沢清難波和彦隈研吾[各個指定]芸能部門平山郁夫高松伸小沢剛

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android