フェデリーゴ トッツィ(英語表記)Federigo Tozzi

20世紀西洋人名事典の解説


1883 - 1920
イタリアの小説家,詩人
シエナ近郊生まれ。
病弱、父親との間の確執の為に不安な青少年期を送った。1914年ローマに出て、「塔」誌を創刊、行動的カトリシズムの再建を唱えた。’19年自伝小説「目を閉じて」を発表し、ピランデッロボルジェーゼの評価を得たが、’20年肺病で急逝した。没後出版の「農場」「三つの十字架」によって、作家としての真価を認められた。その他の作品に「緑の牧笛」(’11年)、「処女の町」(’13年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1883年1月1日
イタリアの詩人,小説家
1920年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android