コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェデルブ フェデルブFaidherbe Lucas

2件 の用語解説(フェデルブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェデルブ
フェデルブ
Faidherbe Lucas

[生]1617. メヘレン
[没]1697.12.31. メヘレン
フランドルの彫刻家,建築家。ルーベンスの弟子でイタリアに学び,帰国後はメヘレンに定住。バロック風のはなやかな作風で,主要作品はメヘレンのノートル=ダム・ダンスウィック聖堂の設計と装飾彫刻。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フェデルブ【Louis Léon César Faidherbe】

1818‐89
19世紀後半のアフリカ大陸分割期のフランス植民地行政官。1854年,フランス領植民地セネガルの総督に任命されて以降,それまでセネガル沿岸部にとどまっていたフランスの権益を内陸部にまで拡張することに力を注ぎ,60年にはフランスの支配権はニジェール河岸にまで到達した。そして65年,彼が総督を辞任するころまでには,のちのフランス領西アフリカの礎となる広大な地域に対するフランスの支配権が確立していた。その後,アルジェリア植民地軍に配属されたのち,70年,普仏戦争に北方軍司令官として参戦した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフェデルブの言及

【セネガル】より

…17~18世紀の間,イギリスとフランスがこの地を激しく奪い合った末,1814年フランスはサン・ルイ,ゴレ島などを最終的に獲得し,57年ガンビアを放棄した。 フランスが本格的な植民地化を行ったのは総督フェデルブ(在任1854‐65)の時代である。フェデルブは現地の小王国の抵抗を打ち破り,イスラムの聖戦を広げていたトゥクロール族のハジ・ウマルを撃退して,のちのフランス領西アフリカの基礎を築いた。…

※「フェデルブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

フェデルブの関連キーワードポーランド史宮崎安貞元禄の大火宮崎安貞鳥取(市)ハイチ都井岬カナレット賀茂真淵噶爾丹

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone