コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェリーペ・デ・ヘスース Felipe de Jesu´s,de las Casas

朝日日本歴史人物事典の解説

フェリーペ・デ・ヘスース

没年:慶長1.12.19(1597.2.5)
生年:1572
スペイン人フランシスコ会士。日本二十六聖人殉教者のひとり。スペイン名門の子としてメキシコに生まれる。1573年生まれの説もある。慶長1(1596)年,スペインのサン・フェリーペ号で司祭叙階の式を受けるため,マニラからメキシコへ向かう途中,船が土佐の浦戸(高知市)に漂着したため日本に上陸,京都に送られる。同地で豊臣秀吉の命令により,日本にいたペドロら他のフランシスコ会員と共に捕らえられ,長崎へ護送される。慶長1年12月19日,キリスト教徒としての信仰を守るために,長崎の西坂の丘で十字架にかけられ,槍で胸を貫かれて殉教した。このとき,十字架の寸法が合わず首の輪に全身の重みがかかったため,息がつまって最初に殺された。<参考文献>パチェコ・ディエゴ『長崎への道』

(片岡瑠美子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

フェリーペ・デ・ヘスースの関連キーワードクーケバッケルフィゲイレド足利義昭葛西晴信来島通総沈惟敬ナバレテフィゲイレドフロイスリバルタ