コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来島通総 くるしま みちふさ

2件 の用語解説(来島通総の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

来島通総 くるしま-みちふさ

1561-1597 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)4年生まれ。村上通康の4男。伊予(いよ)(愛媛県)来島城主。永禄10年家督をつぎ,来島姓を名のる。のち主家の河野氏からはなれ,羽柴(豊臣)秀吉の水軍の部将として四国攻めなどで活躍する。文禄・慶長の役に従軍し,全羅道で慶長2年9月16日戦死した。37歳。通称は助兵衛

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

来島通総

没年:慶長2.9.16(1597.10.26)
生年:永禄4(1561)
安土桃山時代の武将。伊予国(愛媛県)来島城主村上通康の第4子。母は湯築城主河野通直の娘。永禄10(1567)年家督を継ぎ,通総の代から来島氏を名乗る。天正10(1582)年に主家河野氏を離反し,豊臣秀吉の水軍として活躍。同13年秀吉の四国攻めの戦功で,野間,風早両郡中1万4000石を与えられる。秀吉の九州攻め,小田原攻めにも従軍。文禄1(1592)年の朝鮮出兵に際し,兄通之と共に四国勢5番手に編成されて渡海(文禄の役)。慶長2(1597)年朝鮮再出兵の際には四国勢6番手に編成されて渡海し(慶長の役),全羅道鳴梁で戦死。法名節巌院天臾常清。瀬戸内水軍を率い,秀吉方の武将として活躍した。

(関周一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

来島通総の関連キーワード池田秀雄文閑細川玄旨山岡如軒安土桃山時代伊予伊予蝋来島長親河野通尭村上通康

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

来島通総の関連情報