コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦戸 うらど

3件 の用語解説(浦戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浦戸
うらど

高知県中部,浦戸湾口の西岸に位置する地域。旧村名。 1942年高知市に編入。浦戸の地名は古く『土佐日記』にみえ,戦国時代には浦戸城が築城され,城下町を形成,水軍の拠点となった。東にある桂浜の入口にあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うらど【浦戸】

土佐国中央部,吾川郡の海港,城地。浦戸湾口に位置し,古代以来高知平野を後背地とする海上交通の要衝であったことは,《土佐日記》《廻船大法奥書》などからもうかがわれ,1596年(慶長1)のイスパニア船サン・フェリペ号の漂着は有名。土佐における南北両党の抗争は1336年(延元1∥建武3)1月の浦戸合戦をもって始まり,戦国期には背後の半島状丘陵に本山氏が築城,1560年(永禄3)以降長宗我部氏の支城,ついで91年(天正19)ころ本城となり,不十分ながら城下町が形成される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県〕浦戸(うらど)


高知市南部の地区。浦戸湾の湾口を塞ぐ形で西から東に延びた小半島に位置する。『土佐日記』にも登場する古くからの海上交通の要衝。1596年(慶長(けいちょう)元)にスペイン船サン-フェリペ号が漂着した地として知られる。東端の桂浜(かつらはま)は市内随一の観光地。対岸の種崎(たねざき)との間に浦戸大橋が架かる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の浦戸の言及

【サン・フェリペ号事件】より

…メキシコ・フィリピン間航行のスペイン船サン・フェリペ号は,1596年7月マニラを出港し暴風雨のため10月19日(慶長1年8月28日)土佐浦戸に漂着した。この報は早速領主長宗我部元親より豊臣秀吉に伝えられ,船長ランデーチョも秀吉に使者を遣わし保護を求めた。…

※「浦戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浦戸の関連情報