コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルガナ盆地 フェルガナぼんちFerganskaya kotlovina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルガナ盆地
フェルガナぼんち
Ferganskaya kotlovina

中央アジア,シルダリア中流域にある盆地。大部分がウズベキスタンにあるが,一部タジキスタンキルギスにまたがる。周囲をほぼ完全に山地で囲まれ,西端がわずかに開いた山間盆地で,面積約2万 2000km2。標高 320~1000m。古くから定住農業が行なわれ,また中国との交易路にあったため,8世紀にアラブ,13世紀にチンギス・ハン (成吉思汗) ,14世紀にチムール (帖木児) などに侵入,征服された。 18世紀末この地を中心にコカンド・ハン (浩罕汗) 国が建設されたが,1876年ロシアに併合された。大陸性気候であるが,冬が比較的暖かい。半砂漠,砂漠地帯に属し,降水量が少なく,特に4~8月は降雨がほとんどないが,盆地南縁を通る大フェルガナ運河をはじめ,北および南フェルガナ運河など灌漑用水路が発達し,ウズベキスタンの重要な農業地帯となっている。水稲,ムギ類,綿花,クワ,ブドウ,モモ,アンズなどが栽培される。また石炭,石油,水銀,アンチモンなどを産する。中央アジアで最も人口稠密な地域の一つで,ウズベキスタンのアンジジャン,フェルガナ,マルギランナマンガン,コカンド,タジキスタンのホジェント,キルギスのオシなどの都市が立地する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のフェルガナ盆地の言及

【フェルガナ】より

…中央アジア東部のウズベキスタン,タジキスタン,キルギスの各共和国にまたがる地域名。パミール山塊北端と天山山脈西端の山脈に囲まれたシル・ダリヤ中流域のフェルガナ盆地を中心とする。この盆地は周辺の山々から流れ下る多くの河川によって潤され,紀元前数百年紀から牧畜を伴う農耕文明が成立していた。…

※「フェルガナ盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フェルガナ盆地の関連キーワードテンシャン(天山)山脈ホーカンド・ハーン国シル・ダリヤ[川]シル・ダリヤ[川]アライスキー山脈オアシス都市国家クイズイルキヤキルギス(国)ジャラルアバドアンジジャン州アンディジャンフェドチェンコナマンガン州ホジェント州中央アジア史フェルガナ州コーカンドシルダリヤフジャンドナルイン川

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フェルガナ盆地の関連情報