フェルディナンド3世[トスカナ大公](読み)フェルディナンドさんせい[トスカナたいこう](英語表記)Ferdinando III, Duca di Toscana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルディナンド3世[トスカナ大公]
フェルディナンドさんせい[トスカナたいこう]
Ferdinando III, Duca di Toscana

[生]1769.5.6. フィレンツェ
[没]1824.6.18. フィレンツェ
トスカナ大公 (在位 1790~1801,14~24) 。ハプスブルク=ロートリンゲン家出身。父レオポルトが 1790年オーストリア皇帝 (レオポルト2世 ) に即位した跡を継いで大公となった。啓蒙的諸改革の政策を継承したが,フランス革命軍の侵入に伴うナポレオン体制の確立により,1801年トスカナを没収され,代りに 05年ウュルツブルク大公国を与えられた。 14年ウィーン会議で旧領の再興が認められ,再びトスカナ大公となった。他のイタリア諸国では反動的な旧制復古がなされたのに対して,改革政策をとり,またオーストリアの影響からも自由で,神聖同盟に加わらなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android