フェルディナン・ド ソシュール(英語表記)Ferdinand de Saussure

20世紀西洋人名事典の解説

フェルディナン・ド ソシュール
Ferdinand de Saussure


1857.11.26 - 1913.2.22
スイスの言語哲学者。
元・ジュネーヴ大学教授。
ジュネーヴ生まれ。
ジュネーヴ大学在学中言語学に関心を持ち、中退してライプツィヒ大学やベルリン大学で学び、1880年パリ大学付属高等研究院で研究を行い、同研究所講師を経て、1890年ジュネーヴに帰りジュネーヴ大学教授となる。同大学での講義を弟子たちがまとめ、死後出版された「一般言語学講義」は現代言語学の発展に影響を与え、構造主義言語学の重要な概念となる。又、伝統的言語観の言語名称目録観を否定し、言語以前には認識対象は存在しないことを明らかにした。言語とは言語記号に外在するのでなく表現と内容は記号の分節と共起的に産出されるとし、20世紀の文化記号学の基盤となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

フェルディナン・ド ソシュール

生年月日:1857年11月26日
スイスの言語学者
1913年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android