言語記号(読み)げんごきごう(英語表記)linguistic sign

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

言語記号
げんごきごう
linguistic sign

言語を記号体系であるという観点からみた場合,その単位をなす個々の記号。形態素単語熟語,文などさまざまのレベルの言語単位が含まれると考えることができるが,多くの場合,単語をさしていう。言語を記号体系という観点から考察するようになったのは,ソシュールの『一般言語学講義』の影響が大で,彼は言語学を記号学の一部門として位置づけている。一般の記号と同じく,言語記号にも外形 (音形) の面と内容 (意味) の面との,密接に結びついた二面があり,その結びつき方は恣意的である。一方,個々の記号が少数の単位 (→音素 ) の組合せから成り立ち,それらの有限の記号の組合せで無限といえるだけの文を生み出すことは,言語記号の重要な特質である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんご‐きごう〔‐キガウ〕【言語記号】

言語を構成する記号。社会的に決められた音と意味との二面からなる。ただし、この二面の関係は、本質的に恣意(しい)的であること、時間の流れの中ではじめて実現することなど、言語以外の記号とは異なる特質をもっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の言語記号の言及

【記号】より

…人間において両信号系は密接不可分に相関しており,意識を統轄する第2次信号系も第1次信号系という基盤なしには成立しない。第2次信号である語,言語記号はあらゆるものを名指すことができる。第1次信号系の諸感覚も語によって名指され意識化されうるが,意識化されずに受容された無数の諸刺激はいわゆる無意識の一部を構成することになる。…

【ソシュール】より

…言語とは,人間がそれを通して連続の現実を非連続化するプリズムであり,恣意的(=歴史・社会的)ゲシュタルトにほかならない。したがって,言語記号は自らに外在する指向対象の標識ではなく,それ自体が〈記号表現〉(シニフィアンsignifiant)であると同時に〈記号内容〉(シニフィエsignifié)であり,この二つは互いの存在を前提としてのみ存在し,〈記号〉(シーニュsigne)の分節とともに産出される(なお,かならずしも適切な訳語とはいえないが,日本における翻訳紹介の歴史的事情もあって,signifiantには〈能記〉,signifiéには〈所記〉の訳語がときに用いられる)。これはギリシア以来の西欧形而上学を支配していたロゴス中心主義への根底的批判であり,この考え方が次に見る文化記号学,文化記号論の基盤になったと言えよう。…

【文字】より

…すなわち,言語は聴覚映像と概念との結びつきによって成立している。文字は聴覚映像としての音の面だけを表したり,概念だけを表すことを目的としているものではなくて,その両者の結合した特定の言語記号を表すものである。いわゆる絵文字などが固有の意味における文字ではないというのは,それらが特定の言語における特定の概念と直接に結びついても,その言語においてその概念と結びついている特定の聴覚映像との間の関係が一定していない,言い換えれば,同じような意味を表すいろいろちがった読み方がゆるされる,ということによる。…

※「言語記号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android