フェレル循環(読み)フェレルジュンカン

デジタル大辞泉「フェレル循環」の解説

フェレル‐じゅんかん〔‐ジユンクワン〕【フェレル循環】

地球規模の大気大循環の一つ。緯度60度付近の亜寒帯低圧帯で上昇した空気が緯度30度付近まで移動して亜熱帯高圧帯で下降し、再び極方向に向かって循環を形成する。地表付近では地球の自転にともなう西寄りの流れとなり、これが偏西風となる。また極循環との境界付近で、ジェット気流とよばれる強い西風となる。ハドレー循環と極循環によって間接的に生じる循環と考えられている。名称は米国の気象学者W=フェレルに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android