コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜寒帯低圧帯 あかんたいていあつたいsubpolar low pressure belt

2件 の用語解説(亜寒帯低圧帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亜寒帯低圧帯
あかんたいていあつたい
subpolar low pressure belt

緯度およそ 50°~70°の間に位置し,南の偏西風帯と北の寒帯偏東風帯の中間にある低圧帯。ここでは気流が収束し,雲や降水が発生しやすい。この低圧帯は季節によって移動し,夏は極地方に冬は赤道地方に近づく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亜寒帯低圧帯
あかんたいていあつたい

月平均規模以上の平均地上気圧分布図において、亜熱帯高圧帯の極側に現れる気圧の低い区域。亜寒帯低圧域ともいう。北半球では、太平洋アリューシャン海域のアリューシャン低気圧大西洋アイスランド海域のアイスランド低気圧とよばれるものがこれに相当し、冬の期間にもっともはっきりする。その圏内では天気が悪く、風が強い。冬、日本付近を通る低気圧は、発達しながら北東に進み、アリューシャン方面に到着してから衰弱する。アリューシャン低気圧は、極東を通過する低気圧の墓場で、それが平均状態で低圧域となっている。[平塚和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone