コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェーベ フェーベPhoebe

翻訳|Phoebe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェーベ
Phoebe

土星衛星。1899年ウィリアム・ヘンリー・ピッカリングが発見。半径 108km,光度 14等,公転周期 550日11時間。土星の主要な衛星のなかでは,ずばぬけて大きな軌道半径をもち,ほかの衛星の公転方向とは逆向きに公転する逆行衛星である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フェーベ(Phoebe)

土星の第9衛星。1899年に発見。名の由来はギリシャ神話の巨人。太陽光をほとんど反射せず、暗く見える。土星の自転や他の多くの衛星とは逆方向に公転する。非球形で平均直径は約220キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフェーベの言及

【土星】より

…粒子の密度が高いと互いに衝突して細かく砕かれるのであろう。 土星は昔から9個の衛星をもつことが知られており,Iミマス,IIエンケラドス,IIIテチス,IVディオーネ,Vレア,VIチタン,VIIヒペリオン,VIIIヤペタス,IXフェーベと呼ばれている。しかし,ボエジャーはさらに多くの衛星を発見または確認し(いくつかは地上で発見されていた),その総数は21~23となった。…

※「フェーベ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フェーベの関連キーワード[各個指定]芸能部門リジェンダーイェーツゴーリキー(Maksim Gor'kiy)チェーホフ童謡誌おてんとさんチェレプニンパテルノストロマタチッチラデジンスキー

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android