コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォザギル フォザギルFothergill, John

1件 の用語解説(フォザギルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォザギル
Fothergill, John

[生]1712.3.8. ヨークシャー,ウエンズリーデール
[没]1780.12.26. ロンドン
イギリスの医師。エディンバラで医学を学び,ロンドンで開業,盛名を得た。当時猩紅熱らしい病気が大流行したが,その治療に敏腕をふるった。三叉神経痛冠状動脈硬化症などの研究で名高い。気候が病気に及ぼす影響に注目し,また薬草療法を重視して,植物園をみずから経営した。コーヒー飲用の普及者でもあり,1774年には B.フランクリンを助けて,英米植民地紛争の調停案を起草するなど,多方面に活躍した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フォザギルの関連キーワード江島其磧馬場重久徳川家宣学生牢サンクトペテルブルク広島市内の土砂災害警戒区域柿木金助クロムウェル嫗山姥竹内式部

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone