コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルスマン フォルスマンForssmann, Werner

3件 の用語解説(フォルスマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルスマン
フォルスマン
Forssmann, Werner

[生]1904.8.29. ベルリン
[没]1979.6.1. ショプフハイム
ドイツの外科医。カテーテルを心臓内部に挿入し,それによって循環器の病変を研究することに寄与した業績で,アメリカの A.クールナン,D.W.リチャーズとともに,1956年のノーベル生理学・医学賞を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フォルスマン

ドイツの医学者。ベルリン大学卒。デュッセルドルフの病院に勤務。心臓カテーテル法を考案し,心臓病の診断や心肺の病態生理研究に貢献した。1956年ノーベル生理医学賞。
→関連項目クールナン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォルスマン
ふぉるすまん
Werner Theodor Otto Forssmann
(1904―1979)

ドイツの医学者。ベルリンに生まれる。1922年ベルリン大学へ入学、医学を修めた。卒業後、1929年に外科医としてベルリン郊外にあるオーガスト・ビクトリア・ホーム病院に行き、そこで心臓カテーテル法の開発に着手した。その後、マインツ市営病院などドイツ各地の病院に勤務、第二次世界大戦中は軍医として従軍した。1950年バードクロイツナッハで泌尿器科専門医として診療活動を行い、1958年デュッセルドルフの福音派病院外科部長についた。
 フォルスマンの発明した心臓カテーテル法とは、心臓にカテーテル(診療、治療に使う管)を血管から挿入し心臓機能検査を行うもので、彼はその効果を自らのからだで確かめた。当初は注目を集めなかったが、のちにアメリカの医学者クールナンとリチャーズによって、その有効性が確かめられ、彼らとともに1956年のノーベル医学生理学賞を受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フォルスマンの関連キーワード解析変成作用熱雲東欧演劇竹島(韓国名・独島)問題日露戦争日韓議定書白石葭江橘周太バードヒルゲンドルフ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォルスマンの関連情報