コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルスマン フォルスマン Forssmann, Werner

3件 の用語解説(フォルスマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルスマン
フォルスマン
Forssmann, Werner

[生]1904.8.29. ベルリン
[没]1979.6.1. ショプフハイム
ドイツの外科医。カテーテルを心臓内部に挿入し,それによって循環器の病変を研究することに寄与した業績で,アメリカの A.クールナン,D.W.リチャーズとともに,1956年のノーベル生理学・医学賞を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フォルスマン

ドイツの医学者。ベルリン大学卒。デュッセルドルフの病院に勤務。心臓カテーテル法を考案し,心臓病の診断や心肺の病態生理研究に貢献した。1956年ノーベル生理医学賞。
→関連項目クールナン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォルスマン
ふぉるすまん
Werner Theodor Otto Forssmann
(1904―1979)

ドイツの医学者。ベルリンに生まれる。1922年ベルリン大学へ入学、医学を修めた。卒業後、1929年に外科医としてベルリン郊外にあるオーガスト・ビクトリア・ホーム病院に行き、そこで心臓カテーテル法の開発に着手した。その後、マインツ市営病院などドイツ各地の病院に勤務、第二次世界大戦中は軍医として従軍した。1950年バードクロイツナッハで泌尿器科専門医として診療活動を行い、1958年デュッセルドルフの福音派病院外科部長についた。
 フォルスマンの発明した心臓カテーテル法とは、心臓にカテーテル(診療、治療に使う管)を血管から挿入し心臓機能検査を行うもので、彼はその効果を自らのからだで確かめた。当初は注目を集めなかったが、のちにアメリカの医学者クールナンとリチャーズによって、その有効性が確かめられ、彼らとともに1956年のノーベル医学生理学賞を受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォルスマンの関連キーワード西ベルリン東ベルリンベルリン青ベルリン映画祭シュターツカペレ・ベルリンベルリン空輸回廊ベルリン・ゲームベルリン州立管弦楽団ベルリンタワーベルリン協定

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォルスマンの関連情報