コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルスマン Forssmann, Werner

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルスマン
Forssmann, Werner

[生]1904.8.29. ベルリン
[没]1979.6.1. ショプフハイム
ドイツの外科医。カテーテルを心臓内部に挿入し,それによって循環器の病変を研究することに寄与した業績で,アメリカの A.クールナン,D.W.リチャーズとともに,1956年のノーベル生理学・医学賞を受けた。 28年にベルリン大学を卒業,エーベルスワルデの病院に勤めたが,死体解剖中に,腕の静脈から細い管を入れると心臓に達することを発見した。そこで自分の身体で実験し,カテーテルを 65cmほど押入れて,歩いてレントゲン室に行き,心臓の右心房に達していることをレントゲン写真で確認した (1929) 。この方法は初め日の目をみることがなかったが,クールナンらが臨床研究に応用したことから注目されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フォルスマン

ドイツの医学者。ベルリン大学卒。デュッセルドルフの病院に勤務。心臓カテーテル法を考案し,心臓病の診断や心肺の病態生理研究に貢献した。1956年ノーベル生理医学賞。
→関連項目クールナン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォルスマン
ふぉるすまん
Werner Theodor Otto Forssmann
(1904―1979)

ドイツの医学者。ベルリンに生まれる。1922年ベルリン大学へ入学、医学を修めた。卒業後、1929年に外科医としてベルリン郊外にあるオーガスト・ビクトリア・ホーム病院に行き、そこで心臓カテーテル法の開発に着手した。その後、マインツ市営病院などドイツ各地の病院に勤務、第二次世界大戦中は軍医として従軍した。1950年バードクロイツナッハで泌尿器科専門医として診療活動を行い、1958年デュッセルドルフの福音派病院外科部長についた。
 フォルスマンの発明した心臓カテーテル法とは、心臓にカテーテル(診療、治療に使う管)を血管から挿入し心臓機能検査を行うもので、彼はその効果を自らのからだで確かめた。当初は注目を集めなかったが、のちにアメリカの医学者クールナンとリチャーズによって、その有効性が確かめられ、彼らとともに1956年のノーベル医学生理学賞を受賞した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フォルスマンの関連キーワードリチャーズ(Dickinson Woodruff Richards Jr.)ディキンソン・ウッドラッフ リチャーズA.F. クルナン8月29日抗原抗体

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android