コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルトゥナトゥス Venantius Honorius Clementianus Fortunatus

世界大百科事典 第2版の解説

フォルトゥナトゥス【Venantius Honorius Clementianus Fortunatus】

530ころ‐610ころ
中世初期のラテン詩人。北部イタリアのトレビゾに生まれ,ラベンナで教育を受けた。青年時代に故郷を去り,フランス各地を歴訪。565年ころポアティエでフランク王家の宮廷に迎えられた。このころトゥールの司教グレゴリウス,フランク王クロタール1世の前夫人で修道院の設立者ラデグンダ,その養女アグネスなどの知己を得た。この王女たちとの友情が彼をこの地にとどめ,後年同地の司教となった。作品には,叙事詩体の《聖マルティヌス伝》その他の聖人伝もあるが,彼の名声を基礎づけたのは献詩,頌詩,聖歌などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォルトゥナトゥス
ふぉるとぅなとぅす
Venantius Fortunatus
(530ころ―600ころ)

ラテン詩人、聖職者。北イタリアに生まれ、ラベンナで教育を受ける。565年トゥールの聖マルティヌスの墓へ眼病治癒感謝の旅に出て、そのままガリアにとどまる。クロタール1世の后(きさき)ラデグンディスの恩顧を受け、ポワティエの司教となる。代表作『聖マルティヌス伝』11巻のほか、神学論文、多数の詩を残す。最初の中世詩人と目される。[土岐正策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフォルトゥナトゥスの言及

【キリスト教文学】より

…一方《哲学の慰め》は殉教の書というべく,中世・近代を通じ多数の読者に深い感動を与えている。詩人としては有名な聖十字の賛歌《王者の旗は進みゆく》などの作者フォルトゥナトゥスのほか,コルンバらのアイルランド教団の人々の活動がいちじるしい。 これにつづく数世紀は,いわゆる中世の暗黒にようやく平和と文運の曙光がきざした時代で,ことにイギリス,フランスを中心に教学の復興が企てられ,カール大帝の即位した800年は,カトリック文学にとっても記念すべき年であった。…

※「フォルトゥナトゥス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フォルトゥナトゥスの関連キーワードウェナンティウスドイツ文学