コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルモサ州 フォルモサFormosa

翻訳|Formosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルモサ〔州〕
フォルモサ
Formosa

アルゼンチン北部の州。州都フォルモサグランチャコ呼ばれる大平原の中部を占める州で,東と北はそれぞれパラグアイ川ピルコマヨ川を隔ててパラグアイと相対し,南はベルメホ川によってかぎられる。ほぼ全域が低木林に覆われた沖積平野で,ところどころに草原や湿地帯が広がる。亜熱帯気候に属し,10月~6月が雨季。主産業は農業(ワタ,タバコサトウキビ)と牧畜であるが,いずれも繰り返して起こる洪水と干魃に悩まされている。森林地帯にはケブラチョ(タンニンの原木)が繁茂し,重要な収入源となっている。ピルコマヨ川国立公園があり,観光業も重要。パラグアイ川に沿って幹線道路が通り,州中央部を鉄道と道路が横断するほかは,交通網はあまり発達していない。面積 7万2066km2。人口 48万6559(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フォルモサ

《〈スペイン〉Formosaアルゼンチン北部にある州、およびその州都の名。
《〈ポルトガル〉Formosa台湾中華民国)の別称。ポルトガル語で「美しい」の意がある。中国語の音訳で「福爾摩沙」、意訳で「美麗島」とも書く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例