コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フサシダ フサシダ Schizaea digitata

2件 の用語解説(フサシダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フサシダ
フサシダ
Schizaea digitata

フサシダ科の常緑性シダ植物。日本では小笠原諸島に産する。葉は長さ 30~40cmで葉身は単葉,線形で葉の先端に胞子嚢群を房状につける。胞子は四面体型。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フサシダ
ふさしだ / 総羊歯
[学]Schizaea digitata (L.) Sw.

フサシダ科の常緑性シダ。短くはう根茎から細い紐(ひも)状の葉を束生し、その先端に総状に裂けた胞子嚢穂(のうすい)をつける。葉質はやや堅く光沢がある。かなり乾いた林床にも生育し、東南アジア、インド、ニューギニア、マダガスカルなど熱帯を中心に広く分布するが、日本では小笠原(おがさわら)諸島にのみ生じる。近縁種のカンザシワラビS. biroiは沖永良部(おきのえらぶ)島以南に分布し、葉が上部で細かく分岐するため胞子嚢穂の集まりがかんざし状になる。[栗田子郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフサシダの言及

【カニクサ】より

…ツルシノブともいう(イラスト)。暖地に普通のつる性の夏緑性草本で,フサシダ科に属するが,カニクサ科を独立させる考えもある。根茎は地中を短くはい,毛があって鱗片はない。…

※「フサシダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フサシダの関連キーワードフサシダ科筬羊歯玉羊歯茶筅羊歯虎の尾羊歯熊蕨総羊歯シダ(羊歯)係数ヘビノネゴザホシダ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone