コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ化物 フッかぶつ fluoride

翻訳|fluoride

3件 の用語解説(フッ化物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フッ化物
フッかぶつ
fluoride

フッ素と他の元素との化合物の総称。フッ化水素酸と金属またその酸化物との反応,蛍石と硫酸と金属酸化物との反応,非金属元素とフッ化水銀との反応などにより製造される。金属のフッ化物は融解しやすい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フッ化物
ふっかぶつ
fluoride

フッ素と他の元素との化合物の総称。ほとんどすべての元素のフッ化物が知られる。単体または酸化物にフッ化水素酸を作用させるか、単体間の直接反応で得られる。フッ素は電気陰性度がもっとも大きいから、フッ化物中のフッ素の酸化数はつねに-と考えられる。電気陽性な非遷移元素はフッ素とイオン結合性結晶をつくる。リチウム以外のアルカリ金属と銀のフッ化物は水に溶けるが、アルカリ土類金属の塩は水に溶けにくい。たとえば、蛍石(ほたるいし)CaF2などがそうである。非金属元素はフッ素と共有結合性の分子をつくり、常温で気体または液体のものが多い。たとえば、硫黄(いおう)のフッ化物のうち5種が気体、1種が液体である。フッ化ケイ素はフルオロ錯イオンをつくる。遷移元素では、酸化数の異なるフッ化物が多数知られる。たとえば、ウランには三、四、五および六フッ化物などがある。酸化数が高くなるにつれ、融点が低くなる傾向がみられる。フッ化物はフッ素およびフッ素化合物の原料となる。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フッ化物の関連キーワードフッ素弗化カルシウム弗化水素弗化弗化物弗素フッ化硫黄(弗化硫黄)フッ化ウラン(弗化ウラン)フッ化キセノン(弗化キセノン)フッ化酸素(弗化酸素)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フッ化物の関連情報