コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ化物 フッかぶつ fluoride

翻訳|fluoride

3件 の用語解説(フッ化物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フッ化物
フッかぶつ
fluoride

フッ素と他の元素との化合物の総称。フッ化水素酸と金属またその酸化物との反応,蛍石と硫酸と金属酸化物との反応,非金属元素とフッ化水銀との反応などにより製造される。金属のフッ化物は融解しやすい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フッ化物
ふっかぶつ
fluoride

フッ素と他の元素との化合物の総称。ほとんどすべての元素のフッ化物が知られる。単体または酸化物にフッ化水素酸を作用させるか、単体間の直接反応で得られる。フッ素は電気陰性度がもっとも大きいから、フッ化物中のフッ素の酸化数はつねに-と考えられる。電気陽性な非遷移元素はフッ素とイオン結合性結晶をつくる。リチウム以外のアルカリ金属と銀のフッ化物は水に溶けるが、アルカリ土類金属の塩は水に溶けにくい。たとえば、蛍石(ほたるいし)CaF2などがそうである。非金属元素はフッ素と共有結合性の分子をつくり、常温で気体または液体のものが多い。たとえば、硫黄(いおう)のフッ化物のうち5種が気体、1種が液体である。フッ化ケイ素はフルオロ錯イオンをつくる。遷移元素では、酸化数の異なるフッ化物が多数知られる。たとえば、ウランには三、四、五および六フッ化物などがある。酸化数が高くなるにつれ、融点が低くなる傾向がみられる。フッ化物はフッ素およびフッ素化合物の原料となる。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フッ化物の関連キーワードフッ素弗化カルシウム弗化水素弗化弗化物弗素フッ化硫黄(弗化硫黄)フッ化ウラン(弗化ウラン)フッ化キセノン(弗化キセノン)フッ化酸素(弗化酸素)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フッ化物の関連情報