コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フムス Al-Khums

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フムス
Al-Khums

リビア北西部,トリポリタニア地方北部の都市。地中海に面し,トリポリから海岸沿いに約 100km東南東に位置する。トルコ人が建設し,1870年頃からイギリス人がエスパルト草 (パルプ原料) の栽培を始めて以来,注目されてきた。マグロ加工,エスパルト圧縮,石鹸などの工場があり,ナツメヤシ,オリーブ油,漁業の市場がある。町の約 3km東に古代ローマの遺跡レプチス・マグナがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フムス

リビア北西部,地中海岸の港湾都市。トリポリの東南東約100km,商業・観光の中心地。古代フェニキアの港として知られ,ローマ時代にも繁栄し,当時の寺院,劇場,浴場などの遺跡がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

フムスの関連キーワードリービヒガニーマフミン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フムスの関連情報