コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フューン島 フューンとうFyn

1件 の用語解説(フューン島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フューン島
フューンとう
Fyn

デンマーク第2の大島。ユラン半島シェラン島の間にある。粘土質ローム層から成る肥沃な土地がなだらかに広がる。デンマークの庭園とも呼ばれる。各種穀物,テンサイの栽培,酪農,家畜の飼育などを組合せた混合農業,各種製造工業などが盛ん。行政上はフューンス県に属し,その主要部をなす。主要都市は県都オーデンセのほか,アセンススベンボル,ニューボル,フォーボルなど。面積 2984km2。人口 42万 8181 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone