コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混合農業 こんごうのうぎょう mixed farming

翻訳|mixed farming

5件 の用語解説(混合農業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

混合農業
こんごうのうぎょう
mixed farming

耕種と家畜の飼育を有機的に結びつけた農業。耕種部門では穀物より飼料作物に重点がおかれ,小麦,ライ麦,大麦,じゃがいも,とうもろこしなどを科学的に輪作する。家畜は牛,豚,羊などが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

混合農業【こんごうのうぎょう】

耕種と牧畜とをあわせて行う農業。牧畜の内容が乳牛飼育の場合は酪農と呼ぶが,混合農業では肉用家畜飼育が主。ヨーロッパの農業の形態は歴史的に混合農業で,穀草農法三圃(さんぽ)制もこれに属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こんごうのうぎょう【混合農業】

耕種と畜産を組み合わせ有畜複合農業(複合農業経営)で,西欧においてmixed farmingと総称されているものをいう。明治初期に駒場農学校の実習農場の中に西洋農法を行う〈泰西農場〉が設けられ混同農業といわれた。また,北海道では十勝畑作地帯などを中心として,畑作と酪農を組み合わせた混同経営が推奨され展開してきた。この畑作酪農は,近年の農業経営の規模拡大に伴う専門化,単一化傾向のなかで減少傾向もみられるが,畑作物の飼料化と厩肥(きゆうひ)の土地還元による地力の維持増進という経営複合化の利益を追求できる経営形態として,なお一定の存在意義をもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こんごうのうぎょう【混合農業】

穀物の栽培と牧畜とを組み合わせて行う農業形態。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

混合農業
こんごうのうぎょう

作物を栽培する耕種農業と家畜飼養とが有機的に統合された農業経営の一形態。混同農業ともよばれる。中世のヨーロッパ北西部で成立した三圃(さんぽ)式農業にそのおもな起源が求められる。三圃式農業から過渡的穀草式農業を経て成立した近代的輪栽式農業が混合農業のもっとも典型的な形態である。したがって、場合によっては自給的性格の強いものも含まれるが、混合農業は基本的には高度の商業的農業を意味する。輪栽式農業によって代表される混合農業では、畑作の内部で穀類とマメ科作物、根菜類または牧草が一定周期で規則的に交代する輪作が行われ、家畜は輪作中の飼料作物を主体にして飼養され、穀類と畜産物が主要現金収入源となる。輪作体系と飼養家畜の種類には国や地方によって多様な形態があり、また経営規模の点からみても、混合農業には零細家族経営から企業的大経営に至るまでの幅広い経営形態が含まれる。混合農業の特質として、国民の食糧需要の高度化に対応した農業生産形態であること、輪作と畜産の結合によって地力が維持増強されること、労働力その他の生産要素が周年的に利用されること、などの点があげられる。今日では西ヨーロッパから東ヨーロッパ、北アメリカ、オーストラリア東岸、南部アフリカ、アルゼンチンのパンパ北東部などが世界のおもな混合農業地域である。日本では、北海道地方で混合農業がみられるが、それ以外の地方では耕種農業と畜産の結び付きが弱い。最近の畜産の拡大も購入飼料依存型畜産が主体となっているが、今後の農業の健全な安定した発展の方向としては、田畑輪換と結び付いた土地利用型畜産の展開、いいかえると混合農業の方向が期待されている。[長 憲次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

混合農業の関連キーワード組物複合農業織る着回し耕種方式編組組目多角農業寄木有畜複合農業

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone