コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フライ級 フライキュウ

デジタル大辞泉の解説

フライ‐きゅう〔‐キフ〕【フライ級】

flyweight フライは蠅の意》ボクシングなどの体重別階級の一。アマチュアボクシングの男子ではバンタム級よりも軽くライトフライ級よりも重い階級で、49キロを超え52キロまで。女子は48キロを超え51キロまで。ジュニアではライトバンタム級とライトフライ級の間で48キロを超え50キロまで。プロボクシングではスーパーフライ級よりも軽くライトフライ級よりも重い階級で、108ポンドを超え112ポンドまで。
[補説]ムエタイでは、アマチュアで48キロを超え51キロまで、プロは108ポンドを超え112ポンドまで。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

フライきゅう【フライ級】

ボクシングなどの体重別階級の一。アマチュア-ボクシングでは48キログラム 超51キログラムまで。プロ-ボクシングでは108ポンド(約48.9キログラム)以上、112ポンド(約50.8キログラム)まで。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

フライ級の関連キーワードポンサクレック・ウォンジョンカムオーレイドン・シスサマーチャイソムジット・ジョンジョホールワンディー・シンワンチャーサムソン・トー・ブアマッドフェルナンド モンティエルホセ・アントニオ アギーレファン・カルロス レベコアドリアン エルナンデスクリスチャン ミハレスブラヒム アスロームジェリー ペニャロサロセンド アルバレスローマン ゴンサレスマルコム ツニャカオロベイシー ラミレスブライアン ビロリアビック ダルチニアンファイティング原田ジュニアバンタム級

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フライ級の関連情報