フライ級(読み)フライキュウ

デジタル大辞泉の解説

フライ‐きゅう〔‐キフ〕【フライ級】

flyweight フライは蠅の意》ボクシングなどの体重別階級の一。アマチュアボクシングの男子ではバンタム級よりも軽くライトフライ級よりも重い階級で、49キロを超え52キロまで。女子は48キロを超え51キロまで。ジュニアではライトバンタム級とライトフライ級の間で48キロを超え50キロまで。プロボクシングではスーパーフライ級よりも軽くライトフライ級よりも重い階級で、108ポンドを超え112ポンドまで。
[補説]ムエタイでは、アマチュアで48キロを超え51キロまで、プロは108ポンドを超え112ポンドまで。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

フライきゅう【フライ級】

ボクシングなどの体重別階級の一。アマチュア-ボクシングでは48キログラム 超51キログラムまで。プロ-ボクシングでは108ポンド(約48.9キログラム)以上、112ポンド(約50.8キログラム)まで。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フライ級の関連情報