コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラッシュラグ効果 フラッシュラグコウカ

デジタル大辞泉の解説

フラッシュラグ‐こうか〔‐カウクワ〕【フラッシュラグ効果】

flash lag illusionflash-lag effect》運動する光点の真下の位置で別の光点を一瞬点灯すると、実際には二つの光点が垂直位置にあるにもかかわらず、運動する光点が運動方向に若干ずれた位置に知覚される現象。網膜に刺激が与えられてから知覚が成立するまでに約100ミリ秒の遅れがあるために起こる錯覚。サッカーでオフサイドの誤審が起こる原因として指摘されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

法則の辞典の解説

フラッシュラグ効果【flash-lag effect】

閃光する部位の移動物の背後にあるものが,見かけ上遅れて観測される現象

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

フラッシュラグ効果の関連キーワード光点

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android