コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時間知覚 じかんちかくtime perception

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時間知覚
じかんちかく
time perception

時間の経過あるいは時間の長さを,物理的な計測手段によらずに,主観的に把握すること。直接知覚しうる時間の長さは,通常,数秒以内の,いわゆる心理的現在 (主観的に現在に属すると感じられる時間) の範囲内に限られており,この範囲をこえる時間は,評価あるいは判断することによって初めて,その経過や長さがとらえられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じかん‐ちかく【時間知覚】

経験の生起する順序などによって、時間の経過を判断したり理解したりする働き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じかんちかく【時間知覚】

外部刺激の時間の持続・速度・前後関係などを知る知覚。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

時間知覚
じかんちかく
time perception

経験が生じる順序などによって、時間の経過を判断したり理解したりする働き。同一点に時間間隔をおいて提示される二つの刺激が前後して感じられる場合、その時間間隔が知覚できる最小の持続時間を時間閾(いき)という。二つの刺激が同種類のものであるとき、時間閾は、聴覚で1000分の2秒、視覚で1000分の22秒、触覚で1000分の27秒といわれる。心理的現在の範囲を超えた時間間隔を、主観的に把握することを時間評価という。また、すでに過去のものになった時間を追想的にとらえることも時間評価である。時間評価の方法には、言語的見積り法、作成法、再生法、一対(つい)比較法のほかに、過去時間の評定法などがある。時間評価は経験の内容によって左右され、年月の長さは年長者で短く、年少者で長く評価される。また、統一的・全体的印象として把握される最大の時間間隔は約3、4秒といわれる。一般に時間の知覚は、刺激の与えられ方によって影響され、ある時間ずっと刺激が持続して与えられる充実条件と、その時間の始めと終わりだけ刺激が与えられる空虚条件とを比較すると、時間が4秒以下では充実条件のほうが過大評価され、8~10秒では逆となる。長い時間の知覚では、仕事に熱中しているとか、読書に夢中であるとかの時間は短く、退屈で空虚な時間は長く感じられる。しかし、後になって過去の経験を追想するときには、逆に、作業で満たされ充実していた時間が長く、空虚であった時間が短かったように感じられる。[今井省吾]

心理的現在

時間を告げる時計の音は、それぞれある時間を隔てて鳴っているはずであるが、いくつかの音は一つのまとまりとして体験され、個々の音は鳴り終わってもすぐさま過去のものとなってしまうとは感じられない。このような体験的現在を心理的現在という。通常、心理的現在の範囲(現在時間)は2、3秒くらいといわれる。[今井省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

時間知覚の関連キーワードフレース時空相待ベヌシ速度経験

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android