コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランクフルト・アン・デル・オーデル Frankfurt an der Oder

世界大百科事典 第2版の解説

フランクフルト・アン・デル・オーデル【Frankfurt an der Oder】

ドイツ北東部,ブランデンブルク州のオーデル川沿いの都市。人口8万5000(1991)。町の起源は,オーデル川西岸のドイツ人の交易地にさかのぼり,13世紀中ごろ都市の形を整えた。1368年にハンザ同盟に加わり東方への交易・商業の拠点として発展,15世紀末以降ブランデンブルク公の支配下に入り,1811年には同領で初めての大学が建設された。19世紀以降は近隣での石炭採掘と結びつき急速な工業化をとげた。第2次大戦後,オーデル川東岸の地域はポーランドに帰属してスウービツェSłubiceとよばれ,フランクフルトは,国境の町としてポーランドとの交通の要衝となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フランクフルト・アン・デル・オーデルの関連キーワードF.A.J. レフラーシュウェンクフェルトギュンター アイヒワルテンベルクバウムガルテンプットカマーミュンツァーフンボルトコクツェイクライストクインケレフレルレフラーアイヒバッハ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android