コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランチア フランチア Francia

2件 の用語解説(フランチアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランチア
フランチア
Francia

[生]1450頃.ボローニャ
[没]1517/1518.1.5. ボローニャ
イタリアの画家,金工家。本名フランチェスコ・ディ・マルコ・ディ・ジャコモ・ライボリーニ。 1482年ボローニャの金工師組合に登録。金工作品は現存しない。初期ボローニャ派の画家として,L.コスタとの共同制作が多いが,のちラファエロペルジーノの影響を受けて,やわらかいきわめて優美な画風を確立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランチア
ふらんちあ
Francia
(1450ころ―1517)

イタリアの画家兼金属細工師。本名Francesco Raibolini。北イタリアのボローニャに生まれ、同地で没した。美術家としての出発は金属細工師であったといわれ、ごく少数の作品がボローニャ市立美術館に現存するが、その経歴はほとんど未詳である。画家としての制作活動は1486年ごろから始まるが、その動機はボローニャ滞在中のフェッラーラの画家ロレンツォ・コスタとの接触にあったとされている。さらにラファエッロの影響も受けたようで、『聖母子と諸聖者』(ボローニャ国立絵画館)、『聖女チェチーリアの生涯』(ボローニャ、サン・ジャーコモ聖堂)にみる均整のとれた人体やリズミカル身ぶりにそれをうかがわせる。[濱谷勝也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランチアの関連キーワードボローニャソーセージエミリアロマーニャボローニャの斜塔ナイト・オブ・ボローニャボローニャ サーティファイド エディションボローニャ市立劇場管弦楽団ボローニャ セルロイドボローニャ ディバインボローニャ・パッションヤコポ・ダ・ボローニャ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone