コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ Francesco di Giorgio Martini

世界大百科事典 第2版の解説

フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ【Francesco di Giorgio Martini】

1439‐1501
ルネサンス時代のイタリアの画家,彫刻家,建築家,築城技師。シエナに生まれ,シエナ派の画家ベッキエッタVecchiettaに師事し,タッコーラTaccolaの技術書を学んで技師としての素養を修め,1476年からウルビノ公フェデリゴ・ダ・モンテフェルトロに宮廷建築家として仕えた。その領内,近隣地で教会堂,城塞,橋梁,水利工事を数多く手がけたのち,80‐90年代のイタリア建築界における大家として各地で厚遇され,多彩な活動によってルネサンス様式波及に大きく貢献した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニの言及

【比例】より

… ルネサンスに入ると,再びウィトルウィウスを基礎とする比例理論が建築の中心課題となり,ここでもまたピタゴラスの理論が重要な手がかりとされたが,しかし人体的比例の堅持と,それに加えて透視図法的な,一定の視点からの三次元的比例が主たる関心事となった。L.B.アルベルティ,フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ,レオナルド・ダ・ビンチといった当時の代表的比例理論家たちは,音楽用語を用いて建築の比例を論じ,調和級数によって空間の奥行きの比例を決定しようとしていた。16世紀以降は,さらに新プラトン主義の影響による数の神秘主義が加わり,きわめて知的な古典主義的比例の体系が確立されていく。…

※「フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニの関連キーワードペルッツィラウラーナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android