コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランツヨシフ諸島 フランツヨシフしょとうZemlya Frantsa-Iosifa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランツヨシフ諸島
フランツヨシフしょとう
Zemlya Frantsa-Iosifa

ロシア北西部,バレンツ海北部にある島群。アルハンゲリスク州に属する。総面積1万 6134km2。 191の島より成り,3群に分れる。オーストリア海峡により分けられた東の一群ビリチェク島,グレエムベル島など比較的大きな島から成る。オーストリア海峡とブリテン海峡にはさまれた中央部の一群は島数が最も多く,ブリテン海峡以西の一群に諸島中最大の島ゲオルグ島がある。全面積の 85%以上は氷河でおおわれ,最高点はビネルノイシュタット島の 620mである。ホッキョクギツネ,ホッキョクグマや多くの鳥類が生息する。定住者はいないが,恒久的な気象観測所が設置されている。 1873年オーストリア=ハンガリー帝国の探検隊により発見され,皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の名を記念して命名された。 1926年ソ連が領有を宣言した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フランツヨシフ諸島の関連キーワードカラ海

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android