フリオ・セサール チャベス(英語表記)Julio Cesar Chavez

現代外国人名録2016の解説

フリオ・セサール チャベス
Julio Cesar Chavez

職業・肩書
元プロボクサー 元WBC世界ジュニア・ウエルター級チャンピオン

国籍
メキシコ

生年月日
1962年7月12日

出生地
シウダー・オブレゴン

本名
チャベス・ゴンザレス,フリオ・セサール

受賞
年間最優秀選手〔1992年〕

経歴
10歳でボクシングを始め、アマ戦績は15戦14勝1敗。1980年2月プロデビュー。’84年9月WBC世界ジュニア・ライト級チャンピオン、’87年11月WBA世界ライト級チャンピオン、’88年10月世界ライト級統一王座、’89年5月WBC世界ジュニア・ウエルター級チャンピオン、’90年3月IBF世界ジュニア・ウエルター級チャンピオンと次々に3階級の王座を獲得。’93年9月にはWBC世界ウエルター級チャンピオンのパーネル・ウィテカー(米国)と引き分け4階級制覇を逃す。’94年1月WBCジュニア・ウエルター級タイトル戦で、フランキー・ランデール(米国)に判定で敗れ、13度目の防衛に失敗したが、同年5月王座を奪回。’95年9月5度目の防衛。’96年6月オスカー・デラホーヤ(米国)に敗れ、防衛に失敗。’98年9月再びデラホーヤに敗れ、返り咲きはならなかった。2000年7月WBC世界スーパーライト級タイトル戦でチャンピオンのコンスタンチン・ジュー(オーストラリア)にTKO負けし、引退。通算成績、110戦103勝(86KO)5敗2分け。3階級を制覇したメキシコの国民的英雄として人気があり、クールでタフな頭脳派として、“チャンピオン中のチャンピオン”といわれた。2011年国際ボクシング殿堂入り。長男のフリオ・セサール・チャベスJr.もプロボクサーとなり、2011年5月WBC世界ミドル級王座を奪取。父子王者の誕生は史上5組目。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android