コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリッカーテスト flicker test

デジタル大辞泉の解説

フリッカー‐テスト(flicker test)

光の点滅を行い、断続する光が弁別できず、連続する光に見えるようになる閾値(いきち)を調べる検査。疲労の測定に用いる。ちらつき検査。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

フリッカーテスト

疲労測定法の一つ。光を遮光(しゃこう)板の回転により明滅させ,回転速度を上げてちらつき(フリッカー)が見えるか見えないかの境目における毎秒回転数(フリッカー値)を測定し,フリッカー値が小さいほど疲労度が高いとする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

フリッカーテスト【flicker test】

光のちらつきを利用した心理学の検査法。疲労・注意力などの測定に用いる。ちらつき検査。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

フリッカーテストの関連キーワード注意力

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android