フリッカーテスト

百科事典マイペディア「フリッカーテスト」の解説

フリッカーテスト

疲労測定法の一つ。光を遮光(しゃこう)板の回転により明滅させ,回転速度を上げてちらつき(フリッカー)が見えるか見えないかの境目における毎秒回転数(フリッカー値)を測定し,フリッカー値が小さいほど疲労度が高いとする。目の機能の検査により中枢機能の活動水準を調べるもので,おもに精神疲労判定に用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「フリッカーテスト」の解説

フリッカー‐テスト

〘名〙 (flicker test) 心理学のテストの一つ。視覚的刺激を断続的に見せて、ちらついて見える限界を調べ、疲労度や注意力を検査する。〔保健薬を診断する(1968)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「フリッカーテスト」の解説

フリッカー‐テスト(flicker test)

光の点滅を行い、断続する光が別できず、連続する光に見えるようになる閾値いきちを調べる検査。疲労の測定に用いる。ちらつき検査。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android