コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリーピストンガスタービン free piston gas turbine

1件 の用語解説(フリーピストンガスタービンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フリーピストンガスタービン【free piston gas turbine】

ディーゼルエンジンとガスタービンとを組み合わせた複合型原動機の一種。図に示したように2サイクル・ユニフロー対向ピストンディーゼルエンジンをガス発生器として使用し,このガスをガスタービンで膨張させて動力を取り出すものである。ディーゼルエンジン側からは動力は取り出さないのでクランク軸や連接棒はなく,二つのピストンはリンク式の同期装置でつねに反対向きに動くようにするが,そのほかにピストンを拘束するものはなく自由に動きうるので,これをフリーピストンガス発生器という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフリーピストンガスタービンの言及

【ガスタービン】より

… 以上のような軸出力として動力を取り出すもの以外にも,ガスタービンには,タービンは圧縮機のみを駆動し,ガスのもっている残りのエネルギーはジェットノズルで膨張させて高速のジェットとして後方に噴出し,その反動で推力を得る,いわゆるジェットエンジンもある。また,原動機そのものとしてではなく,内燃機関と組み合わせ,内燃機関の排気ガスでタービンを回し,その動力で圧縮機を駆動して機関給気の加圧用に使用する過給用の排気タービンや,単にガス発生器として使用し,そのガスでタービンを回して動力を取り出すフリーピストンガスタービンもガスタービンの一種である。
[ガスタービンの特徴]
 ガスタービンは定圧のもとで燃料を連続的に燃焼させ,燃焼ガスで直接タービンを回すので運動部分を回転運動のみで構成できる。…

※「フリーピストンガスタービン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フリーピストンガスタービンの関連キーワードディーゼルカーディーゼル機関ディーゼル機関車熱機関DA40いすゞD920型ディーゼルエンジンマイクロガスタービンエンジンディーゼルエンジン排ガス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone