コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリーペーパー ふりーぺーぱー

7件 の用語解説(フリーペーパーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

フリーペーパー

無料で配布される新聞や雑誌型の情報誌。地域情報(小売店やレストラン、美容室、エステ等)や求人情報を掲載しているものが多いが、近年は有料の雑誌のように多種多様コンテンツをまとめている雑誌も多い。運営は主に企業からの広告費でまかなわれている。なお、フリーペーパーを発行する企業によって、1998年に日本生活情報紙協会が作られている。同協会では、地域生活情報誌(フリーペーパー)を「特定の読者を狙い、無料で配布するか到達させる定期発行の地域生活情報紙誌で、イベントタウンショップ、求人求職、住宅・不動産グルメ・飲食店、ショッピング、演劇、エステ・美容、レジャー・旅行、各種教室など多岐にわたる生活情報を記事と広告で伝える」ものと定義している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

フリーペーパー

特定の訴求対象を意識して、定期的に発行され、無料で人々に配布される新聞。広告料を財源として、新聞折り込み、個別の世帯配布、駅や公共施設などの拠点設置による配布、役所・企業等での職域配布、街頭配布などの形で頒布されている。内容は地域生活情報が中心で、映画・演劇・イベントやタウン情報の案内、ショッピングや飲食店ガイド、旅行・レジャー情報から求人情報、不動産情報まで、様々なものがある。記事と広告が一体化している場合が多いのも特徴。経営的には地域紙的な性格のものと全国規模で配布されているものとあるが、今日では、スウェーデンで1995年に創刊された「メトログループのように、多数の国々の主要都市での発行を行う事業体も生まれている。このほかにもフリーマガジンが同様に普及しており、日本生活情報紙協会による2005年度の調査では、フリーペーパー(紙・誌)は全国で1200紙・誌、総発行部数は、約2億9375万部となっている。

(浜田純一 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フリーペーパー

広告収入を財源に、無料で定期的に発行される新聞や雑誌。日本生活情報紙協会の06年の調査では1200紙、計3億部が発行されているとされる。宅配や駅などにラックを置いて配布するものが多い。

(2009-04-27 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フリー‐ペーパー(free paper)

身近な生活情報などを掲載し、限定した地域の家庭などに無料で配布する新聞や雑誌。また、駅頭や街角に置いて、自由に持ち帰ることができる新聞や雑誌。発行や配布にかかる経費は広告収入でまかなわれる。特に、雑誌の形態をしたものはフリーマガジンとも呼ばれる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

フリーペーパー【free paper】

無料配布の新聞や雑誌。地域の情報を掲載するものが多く、発行費用は広告収入で賄われる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリーペーパー
フリーペーパー
free paper

読者に無料で配布される新聞。無代紙,無料新聞,広告新聞ともいう。経費は広告費でまかなわれる場合がほとんどで,新聞社やその関連会社が発行するものが多く,配布地域を限定している。読者にとっては無料で,しかも地域に密着した生活情報や広告が得られ,新聞社にとっては本紙では得られない小広告主を獲得できる利点がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

フリーペーパー

無料で配布される新聞.一般紙が読者サービスとして各地域で発行し新聞に折り込む形式は従来よりあったが,近年,広告料を主たる収入源とする独立したフリーペーパーが増加している.一般紙よりも内容や読者層を絞り込んだものが多く,主婦向けの記事中心のもの,地域情報を中心としたもの,店舗の割引券を多数掲載したもの,報道を主体に簡潔な記事を多く載せたものなど多様である.配布方法は,かつては宅配や全戸配布が多かったが,近年は,駅,街頭,店舗などにラックを設置して自由に持っていけるようにしたスタイルが増えている.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリーペーパーの関連キーワード定期船モッブ週報訴求定期的定期便ニューズレターオプション(Option)マス・マガジンF-1 Visa

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フリーペーパーの関連情報