フリーマントル(英語表記)Fremantle

デジタル大辞泉の解説

フリーマントル(Fremantle)

オーストラリア、西オーストラリア州南西部の港湾都市。州都パースの南西約20キロメートル、スワン川河口部に位置し、インド洋に面する。1829年に入植が始まり、同州の植民拠点となった。ラウンドハウスとよばれる旧刑務所や市庁舎をはじめ、植民地時代に築かれた歴史的建造物が多く残っている。フリマントル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

フリーマントル【フリーマントル】
Fremantle

オーストラリアの西オーストラリア州最大の都市パースから南西へ19km、スワン川がインド洋へ注ぐ河口に開けた、西オーストラリア屈指の港町。イギリスの西オーストラリア植民の起点となった町で、地名は1829年に入植した開拓団のリーダー、フリーマントルにちなんでいる。町の所々には開拓時代の建物があり、ビクトリア王朝期の雰囲気が残っている。夏の午後には、「フリーマントルドクター」と呼ばれるインド洋からのさわやかな風が町を包み込む。1987年に、世界最大のヨットレースアメリカズカップが開催された。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フリーマントルの関連情報