コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロリジン phlorizin; phloridzin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロリジン
phlorizin; phloridzin

リンゴ,ナシ,サクラなどのバラ科の樹木から得られる配糖体。名称はギリシア語のフロイオス (樹皮) とリザ (根) にちなみ,こうした部位から得られる。糖はグルコースで,糖を除いた部分をフロレチンと呼ぶ。細胞とか腸管からとかの糖吸収を妨げる作用が有名で,実験によく利用される。フロリジンを服用させると,腎臓での原尿からのグルコース再吸収が妨げられて,いわゆるフロリジン糖尿を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フロリジンの関連キーワードアセト酢酸スタス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android