フローニンゲン・ガス田(読み)フローニンゲンガスでん(英語表記)Groningen

  • フローニンゲン・ガス田 Groningen

世界大百科事典 第2版の解説

オランダ,アムステルダムの北東約150km,北海に臨む沿岸部に位置するガス田。シュロヒテルンSlochteren・ガス田とも呼ばれる。1959年に発見されたこのガス田は,その後北西ヨーロッパから北海南部にわたる広大な地域における数多くのガス田の発見の端緒となった。埋蔵量は約2.8兆m3と推定され,世界第10位である。ガス層は古生代の二畳紀に属する良質の砂岩で,厚さは約110m。このガスは石炭紀石炭がガス化して集積したとするのがほぼ定説である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android