コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フーコック島 フーコックとうDao Phu Quoc

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フーコック島
フーコックとう
Dao Phu Quoc

タイ湾東部にある島。ベトナムのキエンジャン省に属する。カンボジア南岸から約 10km,ベトナム西岸から約 50kmと距離的にはカンボジアに近く,カンボジアが領有を主張してきた。面積約 550km2。地形は北東に向って次第に高くなり,最高点は標高約 600m。漁業基地として知られ,島民約3万人のうち半数は漁民である。またニョクマム (魚醤油) の一大産地で,大規模な製造工場がある。ほかに林業,採炭業,農業 (コショウ,カカオ,コーヒー,ココヤシ) などが行われる。中心集落は西岸のドゥオンドン。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フーコック‐とう〔‐タウ〕【フーコック島】

Dao Phu Quoc》ベトナム南部、タイランド湾に浮かぶ島。キエンジャン省に属し、本土の沖合約40キロメートルに浮かぶ。同国最大の島であり、大半がフーコック国立公園に指定。主な町は西岸のユーンドン。コショウと魚醤(ぎょしょう)の一種ニョクマムの名産地。2000年代中頃から海岸保養地としての開発が進められている。プーコック島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

フーコック島の関連キーワードアントイ諸島ハーティエン

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android