鎮国寺(読み)ちんこくじ

デジタル大辞泉の解説

Chua Tran Quoc》ベトナムの首都ハノイタイ湖東岸にある仏教寺院。6世紀半ば、前李朝李賁(りふん)の時代にホン川沿いに開国寺の名で建立。17世紀に同地に移設され、現名称になった。同国最古の寺院として知られる。仏教由来の仏像のほか、民間信仰の聖母道の神々や中国の武将関羽などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鎮国寺の言及

【鎮護国家】より

…そして,仏は正法の興隆を仁王に付嘱したと説く《仁王般若経》に基づき,仁王大斎や仁王講経が,陳代を通じて宮中で行われ,智顗(ちぎ)も講じた。隋・唐時代には,大興国寺とか大安国寺あるいは鎮国寺といった名称の寺院が各地に造建され,鎮国道場が開かれたが,とくに新しく《仁王護国般若経》を漢訳し密教に立脚した不空が国のために灌頂道場をおくにいたって,仏教の鎮護国家化は頂点に達した。 日本においてはこれらの動向をうけて660年(斉明6)5月に仁王会が行われ,677年(天武6)11月には諸国で《金光明経》《仁王経》の講説が行われ,宮中においても《金光明経》が講説されるにいたり,以後律令国家成立に密接な関係をもつようになった。…

※「鎮国寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android