コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブイエ ブイエBouillé, Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブイエ
Bouillé, Charles

[生]1475
[没]1533頃
フランスの人文主義者,哲学者。ラテン名 Carolus Bovillus。小宇宙としての人間は大宇宙の鏡であり,両者は完全に対応し,悟性は対立の術によって対象に対立を付与し規定を与えて認識を成立させ,また知恵は人間本性を完成させる力であると説いた。主著『知恵について』 De sapiente,『対立の術』 Ars oppositorum (1510) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブイエの関連キーワードグルベンキアン美術館タルマン・デ・レオージスカール・デスタン地球戦隊ファイブマンタルマン・デ・レオーディーブイエックスイル・ド・フランスアラリック(2世)ジャバ仮想マシン主要国首脳会議フランソア1世ロングビル夫人サロン(文化)メリノー[種]プレシオジテボアチュールスキュデリ嬢ハシム サチイブリーヌ県スキュデリー

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブイエの関連情報