コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

証誠寺 ショウジョウジ

7件 の用語解説(証誠寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうじょう‐じ〔シヨウジヤウ‐〕【証誠寺】

福井県鯖江(さばえ)市横越町にある真宗山元派の本山。越前四本山の一。山号は山元山。親鸞(しんらん)が越後へ配流の途中山元庄で布教し、そのあとに、子の善鸞が住したと伝える。文明7年(1475)8世の道性が現在地に移した。横越本山。
千葉県木更津市にある浄土真宗本願寺派の寺。山号は護念山。創建は慶長年間(1596~1615)という。境内に童謡碑と狸塚がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

証誠寺【しょうじょうじ】

千葉県木更津市富士見にある浄土真宗本願寺派の寺。文政のころの伝説〈狸囃子(たぬきばやし)〉で知られ,境内に狸塚と童謡碑などがある。

証誠寺【しょうじょうじ】

福井県鯖江市にある真宗山元派の本山。越前真宗四本山の一つ。山号は山元山。親鸞が北陸に布教した時の旧跡を子の善鸞に再び弘法させたのに始まる。1385年の開創とされ,史料上は1428年にみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうじょうじ【証誠寺】

千葉県木更津市にある浄土真宗本願寺派の寺。山号は護念山。創建は慶長年間(1596‐1615)とも寛文年間(1661‐73)ともいわれ,同宗の学問寺であったが,また寺子屋としても知られた。狸に関する伝説が多く,野口雨情作詞,中山晋平作曲の童謡《証誠寺の狸ばやし》により狸寺として有名になった。境内には狸塚と童謡碑のほか,狸ばやしの伝説を書いた俳人松本斗吟の句碑や墓もある。【長谷川 匡俊】

しょうじょうじ【証誠寺】

福井県鯖江市にある真宗山元派(やまもとは)の本山。山号は山元山。越前真宗四本山の一つ。寺伝では親鸞の長子善鸞の法系を引くとし,いわゆる越前三門徒の一つである。三河和田門徒に発する大町の如道の弟子道性によって寺基が固められた。道性は本願寺覚如の長子存覚と親交があり,1346年(正平1∥貞和2)京都に上った道性の宿舎に存覚が尋ねてきたこと(《存覚一期記》)や,52年(正平7∥文和1)には存覚が道性の本尊に裏書きしていること(《存覚袖日記》)などが知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうじょうじ【証誠寺】

千葉県木更津市にある浄土真宗本願寺派の寺。山号、護念山。慶長年間(1596~1615)の開創。野口雨情作詩・中山晋平作曲の童謡「証誠寺の狸ばやし」の舞台。
福井県鯖江さばえ市横越町にある浄土真宗山元派の本山。山号、山元山。親鸞が越後に配流される途中布教した地を、のち善鸞が住して教化にあたったという。1475年現在地に移転。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

証誠寺
しょうじょうじ

福井県鯖江(さばえ)市横越(よこごし)町にある真宗山元(やまもと)派の本山。山元山護念院と称し、横越本山ともいう。本尊は阿弥陀如来(あみだにょらい)。真宗越前(えちぜん)四本山の一つ。浄土真宗の開祖親鸞(しんらん)が越前(福井県)山元庄(しょう)に一宇を建立し、善鸞(ぜんらん)、浄如(じょうにょ)が後を継ぎ、1304年(嘉元2)後二条(ごにじょう)天皇の勅願を得て現山寺号を称したという。1475年(文明7)8世道性(どうしょう)の代に現在地に移転した。しかし一説には、横越門徒を形成した道性が1385年(至徳2)に開創し、その後の1475年に現在地に移転したとも伝える。室町末期から江戸時代にかけて山元派門徒はたびたび分裂し、当寺も衰退した。江戸時代には一時天台宗の聖護院(しょうごいん)に属したが、明治になってから真宗に戻り、1878年(明治11)に一山独立した。本尊の阿弥陀如来像は恵心僧都(えしんそうず)作と伝える。[祖父江章子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

証誠寺の関連キーワード鯖江市三門徒鯖江誠照寺山元派鯖江つつじマラソン西山動物園泰山元孚(3代)山元隠倫山元荘兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

証誠寺の関連情報