コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブサキ寺院 ブサキジイン

デジタル大辞泉の解説

ブサキ‐じいん〔‐ジヰン〕【ブサキ寺院】

Pura Besakih》インドネシア南部、バリ島東部にあるヒンズー教寺院。アグン山西部中腹の高原地帯に位置する。同島におけるヒンズー教寺院の総本山であり、ブラフマー、シバ、ビシュヌをはじめとする神々をまつる大小30もの寺院で構成される。16世紀、ゲルゲル王朝時代に王族によって建立。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブサキじいん【ブサキ寺院】

インドネシアのバリ島にある、バリ・ヒンドゥー教の総本山ともいえる寺院。キンタマーニ高原の、バリの最高峰アグン山の中腹にあり、同島の寺院の中で最も大きく、壮麗である。1年間に40回ほどの祭礼(祭り)が行われ、多くの信者で賑わう。◇正式名称は「Pura Besakih」。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典内のブサキ寺院の言及

【バリ[島]】より

…これはアナク・ウングス王(在位1049‐77)とその妻の遺灰が納められた墓所と思われる。現代の寺院としては,アグン山のふもとにあるブサキ寺院が最も大きく,人々の信仰の場として重要視され,木造の高い重層の塔などが多く見られる。【伊東 照司】。…

※「ブサキ寺院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブサキ寺院の関連キーワードタマンアユン寺院アグン[山]

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android