コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブサキ寺院 ブサキジイン

2件 の用語解説(ブサキ寺院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ブサキ‐じいん〔‐ジヰン〕【ブサキ寺院】

Pura Besakih》インドネシア南部、バリ島東部にあるヒンズー教寺院。アグン山西部中腹の高原地帯に位置する。同島におけるヒンズー教寺院の総本山であり、ブラフマー、シバ、ビシュヌをはじめとする神々をまつる大小30もの寺院で構成される。16世紀、ゲルゲル王朝時代に王族によって建立。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブサキじいん【ブサキ寺院】

インドネシアのバリ島にある、バリ・ヒンドゥー教の総本山ともいえる寺院。キンタマーニ高原の、バリの最高峰アグン山の中腹にあり、同島の寺院の中で最も大きく、壮麗である。1年間に40回ほどの祭礼(祭り)が行われ、多くの信者で賑わう。◇正式名称は「Pura Besakih」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブサキ寺院の言及

【バリ[島]】より

…これはアナク・ウングス王(在位1049‐77)とその妻の遺灰が納められた墓所と思われる。現代の寺院としては,アグン山のふもとにあるブサキ寺院が最も大きく,人々の信仰の場として重要視され,木造の高い重層の塔などが多く見られる。【伊東 照司】。…

※「ブサキ寺院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブサキ寺院の関連キーワードインドネシアインドネシア語派蘭領インドインドネシア海溝インドネシアの恋唄インドネシア大統領邸宅タマンミニインドネシアガルーダ・インドネシア航空機事故日本のインドネシア占領《インドネシア・ラヤ》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone