コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラッサンス Georges Brassens

3件 の用語解説(ブラッサンスの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ブラッサンス【Georges Brassens】

1921~1981) フランスのシャンソン歌手・詩人。アナーキズム的・反順応主義的な自作曲を、ギターの弾き語りで歌う。代表作「ゴリラ」「悪評」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブラッサンス【Georges Brassens】

1921‐81
フランスシャンソン歌手。セート生まれる。中学時代に詩に開眼,トレネの歌にひかれて作曲を始める。1939年パリに出て自動車工となるが,徴用され,ドイツに送られる。休暇中にパリにもどるが,そのままパリ解放まで隠れ家(その作品に登場するジャンヌの家という)に住み,シャンソンを作る。52年パターシュに認められてデビュー,翌年,レコード初吹込みを行う。54年には,オランピアに出演,《ゴリラ》《悪い評判》等を含む最初のアルバムで,ディスク大賞(1954年度)を受賞した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラッサンス
ぶらっさんす
Georges Brassens
(1921―1981)

フランスのシャンソン歌手、作詞家、作曲家。南フランスのセートに石工の子として生まれる。1940年パリに出て52年にデビューし、54年に出した最初のアルバムでディスク大賞を受け、以後ほかの流行歌と並んでヒットチャートにもあがるほどの人気を得るようになる。ギターを弾いて自作を歌うが、その歌は知的洗練を極め、かつ詩情・情熱にあふれている。またその内容もデビュー曲の『悪い噂(うわさ)』以下、反骨精神に貫かれていた。歌い方はむしろぶっきらぼうなほうだったが、つねに温かい人間味を感じさせた。67年アカデミー・フランセーズから賞を受けるなど、「国民的詩人」の名をほしいままにしたが、70年代に入ると病気のためにあまり活動ができなくなった。[田井竜一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のブラッサンスの言及

【シャンソン】より


[作曲家・作詞家]
 戦後の新しい傾向の一つとして,作詞・作曲・歌手の1人3役の例が多い。シャルル・トレネ,レオ・フェレLéo Ferré,ミック・ミシェルMick Micheyl,ジョルジュ・ブラッサンスらがそれである。作詞・歌手の2役はシャルル・アズナブール,ピエール・デュダンPierre Dudan,フランシス・クロードFrancis Claudeらがあげられる。…

※「ブラッサンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブラッサンスの関連キーワードホンダ・エレクトロ・ジャイロケータヴェナイト銀行法座散乱木遺跡安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼ小協商新教育

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone