ブラバント州(読み)ブラバント(英語表記)Brabant

  • ブラバント〔州〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルギー中部の州都は,首都ブリュッセル。旧ブラバント公国の南半分を占め,南部はフランス語地方に属するが,大部分はオランダ語地域に属する。州域の約 10%を森林が占め,ブリュッセル南方には言語境界決定の根拠となった大森林地帯の名残り,ソアニエの森がある。その他は肥沃なローム質土壌におおわれた農業地帯で,最も肥沃な南部では大規模経営が卓越し,コムギテンサイが栽培されるほか,家畜飼養,花卉栽培,酪農が盛ん。ブリュッセルの北西方には園芸農業,養豚業,養鶏業が集中している。工業は繊維および衣服,皮革加工,機械,冶金,食品加工,製糖セメントなどに特色があり,ブリュッセルを中心に,北東郊のフィルフォールデから南西郊のクラベックに及ぶ運河沿いに国内最大の工業地帯を形成。人口密度も最も高い。面積 3358km2。人口 224万 5890 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android