コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランシュビック ブランシュビック Brunschvicg, Léon

2件 の用語解説(ブランシュビックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブランシュビック
ブランシュビック
Brunschvicg, Léon

[生]1869.11.10. パリ
[没]1944.1.18. エクスレバン
フランス観念論哲学者。 1909年パリ大学教授,40年のドイツによる占領までその職にあった。雑誌"Revue de métaphysique et de morale" (1893) とフランス哲学会 (1901) の創立者の一人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブランシュビック
ぶらんしゅびっく
Lon Brunschvicq
(1869―1944)

フランスの哲学者。パリに生まれ、高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリュール)に学ぶ。パリ大学、高等師範学校の教授を歴任。アカデミー会員。カントラシュリエの流れをくむ批判的観念論の立場から出発し、しだいに実証主義的傾向を強めながら、その主著『西洋哲学における意識の進歩』(1927)では、人間精神に内的進歩を認める発展的合理主義ともいうべき立場に到達した。しかし、ベルクソン反主知主義的な創造的進化考え方には反対し、知性にのみ現実把握の能力を認めた。また、優れた哲学史家、とくに『パスカル全集』の編纂(へんさん)者としても知られ、彼の編んだ『パンセ』は今日まで広く読まれている。[香川知晶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブランシュビックの関連キーワードNパリアパリジェンヌ三角数パリ大賞パリマラソンパリンちゃんヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone